アロマでリラックスするおすすめ精油6選!癒やされたいならコレ!

ふわちゃん
つかれたぁー。リラックスしたいけど、やることいっぱいで休まらない~!

ミコ
お疲れだね。それならアロマの香りでリラックスするといいよ!

こんにちは。アロマの香りでリラックスする管理人のミコ(@micoaroma)です。

アロマテラピーというと、なんとなく癒やしのイメージがありますが、イメージだけでなくアロマの香りで癒されたりリラックスするのは本当です!

香りによって明るい気分になったり、気分が落ち着いたり、体の緊張がほぐれてリラックスします。

今回は、リラックスにおすすめのアロマをご紹介したいと思います。

リラックスする精油(エッセンシャルオイル)の種類や楽しみ方、香りのメカニズムについてもみていきたいと思います。

では、早速リラックスにおすすめのアロマをご紹介します。

スポンサーリンク

リラックスにおすすめの精油6選

アロマオイル

精油(エッセンシャルオイル)は、何十種類の有機化合物でできていて、その成分によって香りや精油の持つ特徴が生まれます。

精油の香りによって、リラックスしたり元気になったりするのは、精油に含まれる成分によるものです。

リラックス効果が高いのは次の精油です。

  1. カモミールローマン
  2. クラリセージ
  3. ジャスミン
  4. メリッサ(レモンバーム)
  5. ラベンダー
  6. レモングラス

では、一つずつみていきましょう!

ミコ
各精油の活用法は、次の章で紹介しています。

① カモミールローマン

カモミールローマン

カモミールローマンに含まれる成分のうち、4分の3がリラックスする働きがあるものです。

甘酸っぱいリンゴのような優しい香りで、女性と子供のオイルと言われるほど、とても刺激が少ないのも特徴です。

キク科の植物で、花から精油が抽出されます。

こんな時におすすめ!

  • 神経過敏になっている。
  • イライラが止まらない。
  • 気持ちが高ぶって眠れない。
  • ストレスで消化不良を起こしている。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマバス、アロママッサージです。

② クラリセージ

クラリセージ

クラリセージに含まれる成分の4分の3が、リラックスする働きの精油です。

ドイツではワインの香りづけにも使われることがあるという、女性に人気の甘い香り🌸

シソ科の植物で、花と葉の部分から精油が抽出されます。

こんな時におすすめ!

  • ストレスがたまっている。
  • 気分が落ち込んでいる。
  • 体力が落ちている。
  • 生理前後で不調な時。
  • 肩こりや筋肉痛の時。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマバス、アロママッサージです。クラリセージについても、こちらの記事で詳しく紹介しています。

クラリセージのアロマの3つの効果!体と心をほぐす癒やしの香りをご紹介!

2018.11.02
スポンサーリンク

③ ジャスミン

ジャスミン

ジャスミンの成分の半分以上がリラクゼーションの効果があります。

特に精神面に作用する精油で、クレオパトラも愛したと言われるエキゾチックで甘美な香りがします。

モクセイ科の植物で、花から精油が抽出されます。

こんな時におすすめ!

  • 幸せな気分になりたい。
  • 自信を取り戻したい。
  • ロマンティックなムードを演出したい。
  • 生理前後で不調な時。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマスチーム、アロママッサージ、フレグランスかな。ジャスミンは1トンの花びらから1kgぐらいしか採れないので、貴重価値が高くとても高価な精油だよ。
ふわちゃん
うわぁ!ほんとに贅沢だね。
ミコ
活用法については、次の章で紹介してるよ。ジャスミンについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

ジャスミンのアロマの効能は?クレオパトラも愛した香りの魅力をご紹介

2018.11.18

④ メリッサ(レモンバーム)

レモンバーム

成分の半分が鎮静作用のある脂肪族アルデヒド類からできています。

「メリッサ」はギリシャ語でミツバチという意味で、ミツバチが好む甘い香りからついた名前です。

シソ科の植物で、葉から精油が抽出されます。

こんな時におすすめ!

  • パニックやヒステリー状態の時。
  • ストレスで眠れない。
  • とにかく気持ちを落ち着かせたい。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマスチーム、アロマバス、フレグランスです。
ふわちゃん
これもなかなか高級な精油だね。
ミコ
うん。。。ご褒美に是非!

メリッサのアロマの効能!別名“レモンバーム”のハーブの魅力をご紹介!

2019.01.13

⑤ ラベンダー

ラベンダー

アロマテラピーの代表と言えるオールマイティーに使える精油です。

シソ科の植物で、花と葉から精油が抽出されます。

ミコ
癒やしの精油と言えば、まずこのラベンダーだね!鎮静作用も高いよ。
こんな時におすすめ!

  • ストレスがたまっている。
  • 緊張をやわらげたい。
  • 気持ちが高ぶって眠れない。
  • ニキビ、虫さされ、軽い火傷のスキンケアに。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマバス、アロママッサージです。

ふわちゃん
これなら私も買える!

ミコ
価格も比較的買いやすいね。とても使いやすいし、1本目におすすめだよ。私の大好きなラベンダーについては、こちらの記事で紹介しています。

ラベンダーの香りの効果!オールマイティーなアロマの魅力を徹底紹介!

2018.12.20

⑥ レモングラス

レモングラス

名前の通りレモンに似た香りで、アジアでは食用のハーブとしても大変人気です。

イネ科の植物で、葉から精油が抽出されます。

ミコ
心身ともにリラックス効果があります。特にスポーツの後の疲労回復におすすめです。
こんな時におすすめ!

  • ストレスがたまっている。
  • 元気を取り戻したい。
  • 筋肉痛をやわらげたい。
  • 虫除け対策をしたい。

ミコ
おすすめの活用法は、芳香浴、アロマスチーム、アロママッサージです~。
ふわちゃん
レモングラスの香りをかいでると、アジア料理が食べたくなってきたよー。
ミコ
そんなに好きなら、こちらの記事もどうぞ。

レモングラスの3つの効能!アロマの香りでリフレッシュしたいならコレ!

2019.01.26
スポンサーリンク

リラックスする精油の活用法

次は、精油の活用法をみていきましょう。

香りの楽しみ方は色々あります。

取り入れやすい方法で香りを楽しんでくださいね。

芳香浴

部屋の中に香りを広げて楽しむ方法で、アロマテラピーの中では一番人気があります。

アロマディフューザーやアロマランプなどの器具に、精油を5滴くらいたらして香りを広げましょう。

専用器具がない場合は、マグカップやカフェオレボウルに熱湯を入れ、その中に精油をたらして香りを広げるといいですよ。

マグカップ

☆マグカップやカフェオレボウルを使う時は、精油は合計3滴くらいがちょうどいいです。

ハンカチ

外出用には、ハンカチやハンドタオルに精油をたらして持ち歩くとよいですよ。

ミコ
芳香浴について、こちらの記事も参考にしてくださいね!

アロマオイルの使い方!だれでも簡単に楽しめる方法を10通りご紹介!

2019.03.14

アロマバス

お風呂の中に精油(エッセンシャルオイル)を入れて香りを楽しむ方法です。

アロマバスは香りだけでなく、体を温めながら肌からも精油の成分を吸収するので、より効果的です。

お風呂に精油を入れる時は、“バスソルト”を作ってからお風呂に入れましょう

バスソルトは天然塩と精油を混ぜてからお湯に入れることで、精油の馴染みが良くなり、天然塩の成分で保温効果や体を温める効果も上がります。

材料と作り方です。

材料:

  • 天然塩 大さじ1
  • 精油 5滴

作り方:

  1. 小さな入れ物に天然塩を入れ、精油を入れてよく混ぜる。
  2. バスソルト
  3. お風呂にお湯を入れ、①を加えて混ぜる。
  4. バスソルト

ミコ
アロマバスが大好きなので、アロマ入浴剤について詳しく紹介してみました。

アロマ入浴剤の作り方を5つ紹介!簡単だけど効果的な癒やしのレシピ

2019.03.15

アロマスプレー

いつでもどこでもシュッとスプレーするだけで、香りを楽しみながらお部屋の空気をリフレッシュできるルームスプレーです。

材料と作り方はこちら。

材料:

  • 精油 20滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 90ml
  • スプレー容器

作り方:

  1. ビーカーに無水エタノールと精油を入れ、混ぜる。
  2. アロマオイル
  3. スプレー容器に①を移し、精製水を加えて、よく振って混ぜる。
  4. ゼラニウム

注意すること

  • 使う都度、よく振って、お部屋の空間にスプレーしましょう。
  • 冷蔵庫で保存して、約2週間くらいで使いきってください。

ふわちゃん
寝る前にリラックスする香りを楽しむとよく眠れるね。

ミコ
そうだね。このアロマスプレーを枕元にシュッと吹きかけておくと、気持ちよーく眠れるよ。

フレグランス(オーデコロン)

フレグランス(オーデコロン)も、アロマスプレーと同じ作り方で簡単にできます。

アロマスプレーよりも少し濃く作るのがポイントです!

ミコ
スプレー容器に入れて持ち歩くと、いつでもふんわりと香りを楽しめますよ。

材料:

  • 精油 10滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 40ml
  • スプレー容器(遮光性のものがよい)

作り方:

  1. ビーカーに無水エタノールと精油を入れ、混ぜる。
  2. スプレー容器に①を移し、精製水を加えて、よく振って混ぜる。
注意すること

  • 使う都度、よく振って、お部屋の空間にスプレーしましょう。
  • 冷蔵庫で保存して、約2週間くらいで使いきってください。

アロマスチーム

精油の成分を含んだ蒸気を吸うことで、体の中に取り入れる方法です。

顔全体に蒸気をあてて、スチームを吸収する“アロマスチーム”はとっても気持ちいいですよ~。

材料とアロマスチームの方法はこちら。

材料:

精油1〜2滴

やり方:

  1. 洗面器に80度くらいの熱いお湯を入れ、1〜2分おいてから精油を入れる。
  2. スチーム
  3. 頭からバスタオルをかぶり、洗面器から20〜30cmのところまで顔を近づけて、目を閉じて深呼吸しながら、3〜5分蒸気を浴びる。
  4. スチーム
  5. 蒸気を浴びた後は、冷水で顔をすすいで、化粧水で肌を整えるとお肌もしっとりして気持ち良いですよ。
注意すること

  • 蒸気を浴びている時は目は閉じておく。
  • 火傷にはくれぐれも注意する。
  • 香りが強く感じたり、気分が悪くなったらすぐにやめる。

ミコ
とにかくすごく気持ちいいですよ~✨

アロママッサージ

精油を使ってマッサージすることで、筋肉がほぐれて、リンパの流れがよくなります。

さらに香りの効果で心身ともにリラックスできます。

材料と作り方はこちら。

材料:

  • 精油 1滴
  • ホホバオイル 5ml(又はスイートアーモンドオイル)

作り方:

小さな入れ物にホホバオイルを入れ、精油をたらして混ぜる。

☆体に使う時は、オイル5mlに精油1滴の割合で、マッサージオイルを作りましょう。

ハーブ君
精油を使う時の注意点もみておこう!

精油の使用上の注意

精油を使う時は、次のことに注意しましょう。

  • 原液を皮膚につけない。
  • 精油を飲用したり、目に入れたりしない。
  • 子どもやペットの手の届かない場所に保管する。
  • 妊娠中や授乳中は使用を控える。
  • 柑橘系の精油は光毒性があるので、使用後数時間は直射日光に当たらないようにする。
  • 精油は、直射日光と湿度を避けて冷暗所に保管する。
  • 肌の弱い人はパッチテストをしてから使う。

パッチテストは、精油をコットンに2滴ほどたらして、腕の内側にコットンをつける。しばらくして赤くならなければオッケーです!

ふわちゃん
ところで、アロマの香りをかぐとリラックスするのはどうしてなの?

ハーブ君
それには理由があるよ。香りのメカニズムをみてみよう!

香りのメカニズム

香りによって気分が変わったり、過去の記憶を思い出して懐かしいと思ったりすることってありますよね?

これは、香りが鼻を通してダイレクトに脳に伝わっているからです。

こんな感じ↓↓↓

鼻から入った香りは、鼻の奥の嗅細胞で電気信号になって、脳の大脳辺縁系に伝えられすぐに視床下部に伝わります。

脳の「大脳辺縁系」は、自律神経や本能行動をコントロールしたり、記憶や感情をつかさどる場所です。

視床下部」は、体温、血圧、消化の調整や、ホルモンバランスを整える働きがあります。

五感(嗅覚・触覚・視覚・味覚・聴覚)のうちで、嗅覚だけが大脳辺縁系に直接伝わります。(嗅覚以外の感覚は、一度頭で考えてから感情が生まれます。)

香りをかぐと、鼻から香りの情報が大脳辺縁系に伝わり感情が生まれる」という仕組みです。

ふわちゃん
確かに好きな香りをかぐと、ふわっとしあわせな気分になったり、リラックスするね~。
ミコ
理屈抜きに良い気分になるよね。ただよい気分になるだけでなく、自律神経やホルモンバランスが整ったり、免疫力が上がったりするのもこのメカニズムのおかげだよ。

今回紹介したリラックス効果の高い精油には、次の成分が含まれています。

  • 「エステル類」
  • 鎮静作用や抗炎症作用がある。

  • 「脂肪族アルデヒド類」
  • 鎮静作用や解熱作用、殺菌・消毒作用がある。

  • 「ケトン類」
  • 鎮痛作用、鎮静作用、通経作用がある。

参考文献:
ニールズヤード式アロマセラピーレッスン Basic ver. 毎日のアロマ活用法から資格取得まで、アロマ入門書の決定版!/ホリスティックスクールニールズヤードレメディーズ

ふわちゃん
ちょっと難しい言葉が出てきたけど、記憶や感情をコントロールする脳に香りが直接届くから、香りによって気分を変えることが出来るってことだね!
ミコ
そう!だから、まずは香りを効果で選ぶよりも、好きな香りで選ぶことが大事だよ。

リラックスにおすすめの精油まとめ

今回紹介しましたリラックス効果の高い精油をまとめました。

ミコ
ブルーの文字はリンクになっていますので、各精油の記事もチェックしてみてくださいね。
  1. 「カモミールローマン」
  2. 「クラリセージ」
  3. クラリセージのアロマの3つの効果!体と心をほぐす癒やしの香りをご紹介!

  4. 「ジャスミン」
  5. ジャスミンのアロマの効能は?クレオパトラも愛した香りの魅力をご紹介

  6. 「メリッサ」
  7. メリッサのアロマの効能!別名“レモンバーム”のハーブの魅力をご紹介!

  8. 「ラベンダー」
  9. ラベンダーの香りの3つの効果!シーン別にわかりやすくご紹介!

  10. 「レモングラス」
  11. レモングラスの3つの効能をご紹介!アロマの香りでリフレッシュ!

おわりに

今回は、特にリラックスする成分を多く含む精油をご紹介しました。

同じ香りでも体調や気分によって感じ方が変わります。

香りの好みも人それぞれ違います。

香りをかいで「心地よいなぁ~」と感じるものが、一番リラックス効果が高いと思います。

気分に合わせて好きな香りを楽しんでみてくださいね。

ミコ
ハーブティーを飲みながらゆったり過ごすのも、リラックスになるよ。

夜寝る前やリラックスしたいときのブレンドハーブティ。英国生まれの”オーガニックスキンケア”ブランド『ニールズヤード』

精油の選び方について紹介しています。迷ったときは是非こちらの記事も参考にしてくださいね。

アロマの効果一覧まとめ!心・体・肌・暮らし別にわかりやすくご紹介!

2019.03.02

アロマの香りの種類まとめ〜7つのグループを知ればもっと楽しい!

2019.03.02

12星座別に見るアロマの香り!いつもと違う精油が楽しめるかも!

2019.03.15

スポンサーリンク
リラックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください