足がパンパンで痛い時は、アロマバスとマッサージでリフレッシュ!

一日立ち仕事をすると、夕方には足がパンパンに張って痛いー!
逆に一日座りっぱなしのデスクワークも足がどーんと重たい感じになります。
 
足がパンパンに張るのは、足がむくんでいる証拠。心臓から離れている足は、血液やリンパの流れが滞ってむくみやすいようですね。
 
立ち仕事やデスクワーク、歩きすぎた時は足がパンパンになりますが、それ以外にも、水分を摂りすぎると足がむくみます。
 
そこで循環を良くしてむくみをとりましょう!足の循環を良くするリフレッシュ方法をご紹介します!
 
アロマオイルを使って香りを楽しみながら足をリフレッシュする方法・・・アロマバスとアロママッサージです!
 
スポンサーリンク

フットバス

 
フットバス
 
足を温めることで、体全体の血行が良くなる”フットバス”代謝が良くなるので、パンパンになった足が楽になり、全身もかるーくなりますよ。
 
カサカサしたかかとの潤いにも✨
 
体が冷えて眠れない時、寝る前にフットバスをすると、ポカポカして気持ちよーく眠れます。お風呂に入れない時でも、フットバスするだけでさっぱりして気持ち良いです!
 

材料:

  • 天然塩 大さじ1.5
  • ジュニパーの精油 3~4滴
 

フットバスの入り方

  1. 大きめの洗面器かバケツにお湯(40~43℃くらいの熱めのお湯)を入れる。
  2. 天然塩大さじ1.5に、ジュニパーの精油3~4滴を入れて混ぜる。
  3. お湯に入れて、よく混ぜる。
  4. 足首の下からふくらはぎの下くらいまで、10~15分くらいつかる。
 
☆お湯が冷めてきたら、一度足を出して、差し湯しましょう!終わったら、洗い流さずに、タオルで拭いてスッキリ✨
スポンサーリンク

アロマバス

 
バスセット
 
体の余分な水分と一緒に、老廃物を体の外に出しましょう。
 
利尿作用に優れ、体の中の余分な水分を外に出してくれる精油を使った”アロマバス”。
 
アロマバスは、香りの効果でリフレッシュでき、気分的に疲れた~という時に心を癒やしてくれます。
 

材料:

  • 天然塩 大さじ2
  • ジュニパーの精油 5滴
 

アロマバスの入り方

  1. 天然塩大さじ2にジュニパーの精油5滴をたらして、混ぜる。
  2. お湯をはったバスタブに入れる。
  3. ゆっくりと全身お風呂につかる。
スポンサーリンク

アロママッサージ

 
オイル
 
血液とリンパの流れを良くすれば、むくみやだるさの解消になります。心臓から離れている足は、血管やリンパが滞ってむくみやすくなります。
 
足首から太ももに向かってマッサージすれば、リフレッシュできますよ✨
 

材料:

  • スイートアーモンドオイル 20ml
  • グレープフルーツ 4滴
  • ジュニパー 4滴
 

マッサージの仕方

  1. 脚全体にマッサージオイルを塗って、足首から太ももの付け根に向かってさする。
  2. 足首からふくらはぎ、ひざの後ろまで、下から上に向かって両手でさする。
  3. ひざから太ももに向かって、脚全体をさする。
  4. 太もも全体を、両手で少し力を入れてもむ。
 

まとめ

 
血液やリンパの流れが悪くなると、足だけでなく体全体がむくみます。シャワーだけで済ませず、お風呂で体を温めるだけでも冷えやむくみ対策になります。
 
私は、季節関係なく毎日お風呂に入るようになって、足がパンパンで痛い!ってことは少なくなりました。
 
フットバスならお風呂にゆっくり入る時間がなくても手軽にできます!足が痛い時は、アロマオイルを入れたフットバスでリフレッシュしてみてくださいね!
 
ビックリするくらい、体全体が軽くなってやみつきになりますよ♪
 
スポンサーリンク
バスセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください