簡単にできるバスソルトの作り方!アロマバスで疲れを癒やす!

 

”アロマバス”と聞くととても贅沢な響きですね。
 
アロマバスはアロマオイルを使った入浴法です。アロマの香りを楽しむことと、アロマオイルが皮膚から体に浸透する効果があります。
 
アロマバスにゆっくりとつかればストレス解消や疲労回復に!
 
血行も良くなって心も体もリラックスできて、自宅でもスパにいるような贅沢な気分になれます。
 
アロマオイルは、水に溶けないのでそのまま湯船に入れるのではなく、天然塩と混ぜて”バスソルト”を作ります。
 
天然素材で作られたバスソルトは結構値段が高いですが、自分でも簡単に作れます!気分やコンディションに合わせて、好きな精油で作ることができるので是非手作りしましょう。
 
一日の疲れを手作りのバスソルトで癒やしませんか?全身浴だけでなく、体の一部分だけをお湯につける部分浴の楽しみ方もご紹介します。
 
では、アロマオイルでバスソルトを作ってみましょう!
 
スポンサーリンク

基本のバスソルト

 
バスソルト
 
まず、基本のバスソルトの作り方です。
 
バスソルトは”天然塩”を使って作ります。天然塩はミネラルが豊富!汗が出やすくなり体もポカポカに温まりますよ。
 

材料:(5回分) 

  • 天然塩200g
  • 精油 20滴
  • 蓋付きのガラス容器
  • 混ぜる棒
 
天然塩はミネラルを含んだ塩。精製されていない塩を使うこと。
 

作り方: 

  1. ガラス容器に天然塩を入れる。
  2. 精油をたらす。
  3. 棒でよく混ぜる(蓋をして振って混ぜる)
 
2週間くらいで使い切りましょう。
まとめて作らず、使う都度作って毎回香りを変えて楽しむのも良いですね!
スポンサーリンク

バスソルトにおすすめの精油

 
好きな香りの精油でバスソルトを作りましょう。精油にはそれぞれ特長があるので、気分やコンディションに合わせて作れますよ!
 

リフレッシュしたい時 

 

体が冷えてる、とにかく温めたい時 

 

リラックスしたい時(ゆっくり眠りたい) 

 

ホルモンバランスが崩れている時 

 

暑い季節のクールダウンに 

  • ペパーミント
☆体をクールダウンします!冬には不向き。
 
レモン、ベルガモットは”光毒性”があり紫外線に当たるとシミになります。外出前は使わないようにしましょう。
 
スポンサーリンク

アレンジバスソルト

 
バスソルト
 
基本のバスソルトを少しアレンジしてみましょう!
 
  1. 重曹をプラスする
    基本のバスソルトに重曹を50g足す。(天然塩と重曹が4:1の割合になるように)
    重曹をプラスする重曹を入れるとお肌をやわらかくする効果があります。
    ☆重曹は掃除用ではなく、食品用のものを使う。
  2. はちみつを入れる
    基本のバスソルトにはちみつ20gを入れる。
    乾燥している時、お肌の保湿が出来ます。
  3. ドライハーブ入りバスソルト
    基本のバスソルトにドライハーブを入れる。
    好きなハーブティーのティーバックの中身を入れて簡単に♪
    お風呂に入れる時は、作ったバスソルトをお茶パックに入れて使うとお手入れが簡単です。

アロマバスの楽しみ方

 
アロマバス
 
作ったバスソルトをでアロマバスを楽しみましょう♪
 

全身浴

 
1日の疲れを取るためには、夏でもシャワーで済ませずにお風呂につかるのが良いです!全身浴は、体がリラックスしているところに、精油の成分が肌に浸透するので疲れをとるのに抜群です。ゆったりとした気分で、深呼吸しながら香りを楽しみましょう✨
 

半身浴

 
時間をかけて体をじっくりゆっくり温めるには”半身浴”がおすすめ!ぬるめのお湯に心臓の下までつかる”半身浴”は、ゆっくりお湯につかることができます。体が冷えている時にはとても良いです。新陳代謝アップにも!
 

半身浴の方法 

  1. 浴槽に38度位のぬるめのお湯にバスソルトを入れる。
  2. 腰辺りまでつかり、20分~30分ぐらいゆっくり入りましょう。
 
☆肩に乾いているタオルをかけるなど、上半身が冷えないように工夫してくださいね!
 

座浴

 
デリケート部分のケアにおすすめです!
 

座浴の方法 

  1. 大きめの洗面器(又は浴槽)にお湯をはり、バスソルトを入れます。
  2. お湯の中に腰を落として、5分~10分ぐらいつかります。
 
☆終わったら洗い流さずに、タオルで水分を拭き取ります。
 

ハンドバス

 
手荒れのケアにおすすめの”ハンドバス”。パソコンによる目の疲れや肩こりにも。手軽なので、オフィスでも試してみてくださいね。
 

ハンドバスの方法 

  1. 大きめの洗面器にお湯(40℃くらい)を入れる。
  2. 5~10分手首までをつけて、蒸気の香りを楽しむ。
 

フットバス

 
体全体の血行が良くなり、脚のむくみもとれます。足を清潔に保つのにおすすめ!
 

フットバスの方法 

  1. 大きめの洗面器(バケツ)に熱めのお湯(42~43℃くらい)を入れる。
  2. 足首からふくらはぎの下くらいまで、10~15分くらいつかる。
 
☆洗い流さずに、タオルで拭きとる。
 

まとめ

 
アロマバスについてご紹介しました。アロマバスは、香りを楽しみながら心身ともにリラックスできますよ!
 
自分でバスソルトを作るとコスパも良いし、気分に合わせて香りを選んだりオリジナルの贅沢なブレンドを楽しめます♪
 
アロマオイルの手作りバスソルト!楽しんでくださいね。 
 
スポンサーリンク
バスソルト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください