ベンゾインの効能!安息香と呼ばれる甘いアロマの香りの正体は?

ふわちゃん
あまーいバニラみたいな香りがするー。

ミコ
これは、“ベンゾイン”の精油だよ!

こんにちは。甘い香りに癒される管理人のミコ(@micoaroma)です。

バニラのように甘くてちょっと神秘的な香りのベンゾインは、“ジャワ島渡来の香り”という意味で、古くから宗教儀式にも使われてきた精油です。

日本語で“安息香(あんそくこう)”と呼ばれます。

その名の通り、心がほっこりと落ち着く香りです。

気候が涼しく寒くなってくると、ベンゾインの温かくてまったりと濃厚な香りをかぐとほっとします。

ということで、心も体も温まるベンゾインの香りの効能をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ベンゾインの効能とは?

バニラのようなあまーい香りのベンゾインには、こんな効能があります。

  1. 明るい気分になる
  2. 呼吸を楽にする
  3. 乾燥肌に潤いを与える

では、一つずつみていきましょう!

① 明るい気分になる

バニラに似た甘い香りが、ホットな明るい気分にしてくれます。

孤独感や喪失感がある時に慰めてくれる香りです。

疲れすぎるとどうしてもネガティブな思考になっていまいがちですが、そんな時に気持ちを落ち着けて前向きな心を取りもどす助けになる精油です。

ディフューザー

アロマディフューザーにベンゾインの精油を数滴落として、広がる香りを楽しむと甘い香りで心身共にリラックスできますよ!

ミコ
長く瞑想に使われてきただけあって、気持ちを集中させるのにも役立ちます!温かい香りなので、寒い季節におすすめです!

② 呼吸を楽にする

“安息香”と呼ばれるように、呼吸を楽にする働きがあります。

古くから咳が苦しい時の薬として使われてきました。

抗菌作用もあるので、風邪のひきはじめなど喉がイガイガするときに効果的です!

喉が痛い、呼吸の不調を整えたい時は“オイルマッサージ”を!

  1. 植物油5mlにベンゾインの精油1滴をたらして混ぜる。
  2. このマッサージオイルを喉や背中に塗る。
ミコ
植物油は、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルがおすすめです。“キャリアオイル”とも呼ばれています。詳しくは↓↓↓

キャリアオイルのおすすめ6選!アロママッサージに使うならコレ!

2019.03.16
ハーブ君
マッサージもいいけど、ただ香りをかぐだけでも効果があるよ。簡単にこんな感じで↓↓↓
マグカップ

マグカップに熱いお湯を入れ、ベンゾインの精油を数滴たらして、蒸気で広がる香りを楽しむ簡単芳香浴です。

ミコ
芳香浴については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

アロマオイルの使い方!だれでも簡単に楽しめる方法を10通りご紹介!

2019.03.14

③ 乾燥肌に潤いを与える

お肌に潤いを与え、乾燥で固くなった皮膚をやわらかくしたり、かかとやひじのあかぎれにも効果的です。

乾燥によるかゆみや小ジワ予防にもおすすめです!

保湿クリームでお肌を乾燥から守りましょう!

保湿クリームの作り方!

材料:

  • ベンゾインの精油 2~3滴
  • ミツロウ 2g
  • 植物油(ホホバオイルかスイートアーモンドオイル) 10ml

作り方:

  1. 耐熱容器にミツロウと植物油を入れ、湯煎で溶かす。
  2. ミツロウが溶けたら、蓋つきの容器に移し、爪楊枝で混ぜて粗熱をとる。
  3. 粗熱がとれたら、ベンゾインの精油を落として混ぜる。出来上がり!
ミコ
顔や体全体に使えるクリームです。お風呂上りの温まった体に塗ると、より効果がありますよ。ハンドクリームとして持ち歩くのもおすすめです!
ハーブ君
ベンゾインの注意点もみておこう!

使用上の注意

  • 妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。
  • 樹脂アレルギーの人は使用を控えましょう。
スポンサーリンク

ベンゾインはこんな植物!

ベンゾイン

高さ20mくらいの木です。

ジャワやタイが原産のエゴノキ科の植物で、白い花が垂れる下がるような感じで咲き、堅い実をつけます。

ベンゾイン

主な産地は、タイ、ラオス、インドネシア、ベトナム。

インドからヨーロッパに伝わり、宗教儀式の時の薫香として使われるようになりました。

ベンゾインの精油は、植林後7~8年ほど経って木の樹脂から抽出されます。

空気に触れると濃い褐色に変化する粘性の高い精油です。

香りが持続するので、保留剤にも使われます。

防腐剤として“安息香酸”というのが、食品や化粧品に使われますが、このベンゾインのことです。

ミコ
相性の良い精油も紹介するね!

ベンゾインと相性の良い精油!

他も精油とブレンドしやすい精油です。少し甘い香りに仕上げたい時に使うといいですよ!

甘くなりすぎないように、ブレンドするときは、ベンゾインの量を少な目にしましょう!

香りの持ちが良いので、揮発性の高い柑橘系の精油の香りを長持ちさせたい時にブレンドするといいでしょう!

おわりに

甘い香りのベンゾインの効能をみてきました。

甘いだけでなく、神秘的な香りはクリスマスにもおすすめの香りです。

クリスマスに楽しみたいアロマについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。
↓↓↓

クリスマスに楽しみたいアロマブレンド!歴史的にも意味のある精油は?

2019.02.10

甘い香りでほっこり癒されますよ。

スポンサーリンク
樹脂系

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください