ブラックペッパーの効能!心も体もポカポカになる精油の魅力をご紹介!

ふわちゃん
ん?これも精油?なんかコショウみたいな臭いがするんだけど。
ミコ
当たり!これはブラックペッパーだよ!

こんにちは。スパイスの中でもブラックペッパーが大好きな管理人のミコ(@micoaroma)です。

肉料理やパスタ、サラダなどの仕上げに使うと風味もよく、ピリリとスパイシーで味のアクセントになります!

ブラックペッパーは、調味料としてとても馴染みがありますが、実はアロマテラピーでも人気です。

アロマテラピーでは、黒コショウの実から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を使います。

今回は、ブラックペッパーの効能をご紹介しています!

ブラックペッパーの3つの効能!

ブラックペッパー

スパイシーで刺激的な香りのブラックペッパーにはこんな効能があります。

  1. 気持ちをリフレッシュさせる。
  2. 体を温めて、血行をよくする。
  3. 便秘を解消する。

では、一つずつみていきましょう!

効能① 気持ちをリフレッシュさせる

ツーンと刺激のある香りが、気分をリフレッシュします!

モヤモヤした気持ちを切り替えたい時や、集中したい時に効果的な香りです。

なじみのある香りなので、安心感もあります。

冷たい気持ちになった時にブラックペッパーの香りをかぐと、ほっこりとした温かい気分にもなりますよ。

誰かを許せないと感じている時に、寛容な気分にしてくれます。

気分をリフレッシュする芳香浴!

芳香浴は、空気中に精油を拡散して鼻から香りを吸い込むアロマテラピーの基本の楽しみ方です♪

芳香浴の簡単な方法は、ティッシュペーパーやハンカチに精油を数滴落としたり、お湯を入れたマグカップに精油を数滴落として香りを楽しみます。

また、アロマディフューザーやアロマランプなど専用器具を使うこともできます。

好きな方法で香りを楽しんでくださいね!

芳香浴については、こちらの記事も参考にしてください。

アロマオイルの使い方!だれでも簡単に楽しめる方法を10通りご紹介!

2018.05.31

効能② 体を温める

スパイスの効果と同じく、体を温めて血行をよくします。

汗をかいだり、体の流れがよくなります。

体が冷えている時や、冷え性対策にいいです!

効能③ 便秘を解消する

胃腸の動きが鈍い時に、消化を助けて便秘を解消してくれます。

体を温める&便秘を解消するアロママッサージ!

まずは、マッサージオイルを作りましょう!

材料:(1回分)

  • ブラックペッパーの精油 1滴
  • ラベンダーの精油 1滴
  • スイートアーモンドオイル 10ml

作り方:

  1. ビーカーにスイートアーモンドオイルを入れる。
  2. ブラックペッパーとラベンダーの精油を落として、ガラス棒でよく混ぜる。

使い方:
お風呂上りに、体に塗ってマッサージする。

  • 便秘解消したい時

    おへそを中心に、お腹周りを時計回りにゆっくりとマッサージする。

  • 体を温めたい時

    足、腕、お腹、背中、肩など(顔以外)全身をマッサージすると、体がポカポカに温まります。

ふわちゃん
ブラックペッパーは、食事の時しか使ってなかったけど、精油として色々役立つね!
ハーブ君
ブラックペッパーの注意点もみておこう!

ブラックペッパーの使用上の注意

皮膚刺激が強い精油です。皮膚が弱い人は、パッチテストをしてから使いましょう!

パッチテストは、精油をコットンに2滴ほどたらして、腕の内側にコットンをつける。しばらくして赤くならなければオッケー👌
ミコ
相性の良い精油も紹介するね!

ブラックペッパーと相性の良い精油

他の精油とブレンドすることで、香りのバリエーションを楽しめます♪ブラックペッパーだけでは、香りがきつく感じる時にもおすすめです。

☆ブルーの文字はリンクになっています。クリックで各精油の記事が読めます!

ブラックペッパーは存在感のある香りなので、ブレンドする時は、少なめに使うのがポイントです!

ブラックペッパー1に対して、ブレンドする精油2くらいの割合で!

ハーブ君
ブラックペッパーの植物についてもう少し紹介するね!

ブラックペッパーはこんな植物!

ブラックペッパー

インド原産、コショウ科の植物で、10mくらいの高さのつる性の常緑低木。

主な産地は、インド、マダガスカル、マレーシア。高温多湿の気候で育ちます。

ブラックペッパーの精油は、果実を水蒸気蒸留法で抽出されます。

ふわちゃん
緑色の実なのに、黒いコショウができるんだね。
ミコ
未熟な緑色のコショウの実を乾燥させて黒くなった実が”ブラックペッパー”。ちなみに”ホワイトペーパー”は、赤く熟した実を水にひたしてやわらかくし、皮をむいて乾燥させたものだよ。

ブラックペッパーは、長い歴史を持つ香辛料で、紀元前にはアラビア人やペルシャ人によってインドから地中海沿岸に広まりました。

肉の保存性を高めたり、料理の風味付け、薬としても大変重宝されてきました。

希少価値のある香辛料として、中世ヨーロッパでは金と同等に取引され、大航海時代の引き金になったとされています。

ふわちゃん
今はすぐに手に入るのに、当時は高級品だったんだね!

おわりに

ブラックペッパーはお料理では毎日のように使っていますが、精油を使い始めたのは、つい最近のことです。

スパイシーな中に温もりを感じるブラックペッパーの香りは、心も体もほっこりします。

これからの涼しい気候に取り入れたい精油です。

寒い冬を快適に過ごそう!アロマのおすすめの香りと活用法をご紹介!

2018.10.09
スポンサーリンク
スパイス系

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください