クラリセージのアロマの3つの効果!体と心をほぐす癒やしの香りをご紹介!

ふわちゃん
この香りはなんだろう?ヨモギ?春菊?にオレンジを足したような・・・
ミコ
クラリセージだよ!

こんにちは。クラリセージの香りをかぐと目が覚める管理人のミコです。

”明るい”という意味の学名(”sclarea”スクラレア)を持つクラリセージは、種を煎じたものが視界を明るくするということから名づけられた精油です。

はじめは少しきつく感じるかもしれませんが、ちょっと苦味を感じる香りがなかなかクセになります。

クラリセージは、女性に嬉しい効果をもつ精油です。クラリセージのアロマの3つの効果をご紹介します!

スポンサーリンク

クラリセージのアロマの3つの効果!

クラリセージの香りをかぐと、緊張していた心と体がほぐれていくのを感じます。

リラックスしたい時におすすめの精油なのですが、こんな効果があります。

  1. 気分を穏やかにする
  2. 体のコリをほぐす
  3. お肌を整える

一つずつみていきましょう!

①気分を穏やかにする

緊張が続いたり、ストレスがたまって精神的に不安定になったりイライラしてしまう時の感情を穏やかにしてくれます。

忙しくて心身共に余裕がない時や、生理前後で精神的に不安定な時にお役立ちの精油です。

精油瓶のフタを開けて香りをかぐだけでも、ふーっと落ち着きます。

気が張って眠れないときには、ティッシュペーパーに1滴たらして、ベッドサイドに置いてみてください。香りが強いと感じる時は、少し離れたところに置いてなんとなく香る感じでおくといいですよ。

アロマバスで気分を穏やかに!

アロマバスは、お風呂に精油を入れて、香りを楽しみながら、皮膚からも精油成分を体に吸収するので一石二鳥です!

忙しい時には、簡単にできる”手浴”がいいですよ。

  1. 洗面器に、手首までつかるくらいのお湯を入れ、クラリセージの精油を1滴たらす。
  2. お湯を混ぜながら精油をなじませて、手首までお湯につかりましょう!

蒸気で上がってくる香りを楽しみながら、じわじわ体が温まってきて、リラックスできます!

お風呂にゆっくり入る時間があれば、バスソルトを作って全身浴がおすすめです。

バスソルトの作り方!

  1. 入れ物に、天然塩大さじ1を入れ、クラリセージの精油を5滴たらす。(1回分です)
  2. よく混ぜて、天然塩に精油をなじませたら、お湯をはったバスタブにバスソルトを入れてよく混ぜる。

香りを楽しみながら、ゆったりしたバスタイムを過ごすと、気分も穏やかになります。

アロマバスについては、こちらの記事も参考にしてください!
↓↓↓
アロマ入浴剤の作り方を5つ紹介!簡単だけど効果的な癒やしのレシピ

スポンサーリンク

②体のコリをほぐす

クラリセージに含まれるリナロールには、筋肉弛緩作用があり、緊張からくる肩コリや全身のコリをほぐしてくれます。

急に体を動かして筋肉痛になった時にも、筋肉をほぐしてくれます。

また、女性ホルモンのエストロゲンと似た成分の”スクラレオール”が含まれているので、生理前後や更年期のホルモンバランスが不安定な時に役立ちます!

体をほぐすマッサージオイル!

材料:

  • クラリセージ 1滴
  • ラベンダー 1滴
  • スイートアーモンドオイル 10ml

作り方:

  1. 小さな入れ物にオイルを入れ、精油をたらして混ぜる。
  2. 体の痛いところや凝っているところに塗って、オイルをのばしていく。
ふわちゃん
体の循環が良くなった感じだし、お肌がしっとりしてる!
ミコ
マッサージオイルがお肌に浸透してるんだねー。

③お肌を整える

クラリセージは、皮脂バランスを整えてくれます。

季節の変わり目でお肌が乾燥したり、ストレスや疲れでホルモンのバランスが崩れて吹き出物ができたり、お肌はとても敏感です。そんな時は、クラリセージの化粧水でケアしましょう。

化粧水の作り方!

材料:

  • クラリセージ 1~3滴
  • グリセリン 5ml
  • 精製水 95ml

作り方:

  1. ビーカーにグリセリンを入れ、クラリセージの精油をたらす。
  2. マドラーで混ぜる。
  3. 精製水を入れて、よく混ぜて、容器に入れる。

保存は、冷蔵庫に入れて、10日くらいで使いきりましょう

ふわちゃん
化粧水って自分で簡単に作れるんだね!
ミコ
フケが出たり、頭皮をケアしたい時は、シャンプーにクラリセージを1滴足して洗うといいよ!

シャンプーをつける前に、頭皮にお湯をかけて、マッサージするようにしっかり洗ってから、精油をたらしたシャンプーで洗うといいですよ。乾燥して出るフケの防止や頭皮が脂っぽくなっている時におすすめです!

スポンサーリンク

クラリセージのおまけ情報

クラリセージ

ハーブ君
クラリセージの効果を知ったから、どんな植物かもう少しみておこう!

クラリセージのプロフィールをご紹介します!

クラリセージはどんな植物?

クラリセージは、ヨーロッパ原産のシソ科の植物です。

二年草で、クラリセージの花と葉の部分から水蒸気蒸留法で精油がつくられます。

さわやかで深みのある香りで、男性用の香水の原料にも使われています。

ドイツでは、マスカットワインの香りづけに使われていたこともあり、マスカテールセージ(マスカットセージ)と呼ばれます。ただ、クラリセージは悪酔いの原因になることから、今では使われていません。

クラリセージと相性の良い精油

いろんなタイプの精油と合わせて、香りのバリエーションを楽しみましょう♪

  • 柑橘系」と合わせる
  • クラリセージ+スイートオレンジ

  • スパイス系」と合わせる
  • クラリセージ+ジンジャー

  • 花系」と合わせる
  • クラリセージ+ラベンダー

  • ハーブ系」と合わせる
  • クラリセージ+マジョラム

香りを選ぶポイントは、心地よいと感じる香りを選ぶこと!同じ精油でも、体調や気分によって感じ方が変わりので、使うタイミングで選びましょう!

クラリセージの注意点

ハーブ君
最後にクラリセージを使うにあたって、注意点も知っておこう!
  • 妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。
  • 刺激が強いので、高濃度では使用しない。
  • 悪酔いするおそれがあるので、飲酒前後は使用しない。

おわりに

クラリセージは、女性を心身共にサポートしてくれる精油です。

さわやかな香りですが、体が必要としていない時は良い香りと感じない不思議な精油です。

香りをかいで自分のコンディションを知るバロメーターにするといいですね!心地よく感じる時はおおいに活用して、心と体をほぐしましょう!

スポンサーリンク
クラリセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください