サイプレスの5つの効能!森林を思わせるクールなアロマをご紹介!

ふわちゃん
森の香りがするー。ジュニパーに似てるけど・・・
ミコ
お!近いけど、これは”サイプレス”の香りだよ!

こんにちは。サイプレスの香りで気分が落ち着く管理人のミコです。

サイプレスは、ジュニパーやヒノキと共通する成分が含まれていて、ひんやりとクールな森林をイメージするさわやかな香りです。

森の中を歩くと、不思議と心が落ち着くように、サイプレスの香りをかぐと気分が落ち着きます。

アロマテラピーでは、植物から抽出された天然100%の成分(精油)を活用して香りを楽しみます。

では、サイプレスの効能とアロマテラピーの活用法をご紹介します!

スポンサーリンク

サイプレスの5つの効能と活用法!

サイプレスの香りをかぐとこんな効能があります。

  1. 心を落ち着ける
  2. むくみをとる
  3. 呼吸を整える
  4. スキンケアに
  5. デオドラントに

では、一つずつみていきましょう!

①心を落ち着ける

疲れていたり、気分がざわついて落ち着かない時に、心を落ち着けてくれます。

考えがまとまらない時や、冷静な判断をしたい時に取り入れると心が落ち着く香りです。

芳香浴で気分を落ち着ける!

アロマディフューザーにサイプレスの精油を数滴落として、お部屋に広がる香りを楽しみましょう♪

ディフューザー

アロマディフューザーは、超音波で精油を水蒸気と一緒に拡散させるので、部屋全体に香りが広がります。ミストによって部屋を加湿する効果もあります!

②むくみをとる

体の流れが悪い時、余分なものがたまっている時に、体の循環をよくしてデトックスできます。ホルモンバランスを整えるので、生理前後の不調にもおすすめです。ボディートリートメントでデトックスしましょう!

ボディー用マッサージオイルの作り方!

材料:(1回分)

  • サイプレスの精油 1滴
  • スイートアーモンドオイル 5ml

作り方:

小さなガラス容器にスイートアーモンドオイルを入れ、精油をおとす。

使い方:

マッサージオイルを手に取り、体のほぐしたいところをマッサージする。

☆マッサージオイルが足りない時は、同じ割合で増やして作ってください。まとめて作る時は、遮光瓶に入れて、直射日光の当たらないところに保管し、2週間以内に使いきりましょう。

スポンサーリンク

③呼吸を整える

咳が出たり、喉がつかえている時に、呼吸を整えてくれます。風邪をひいたり季節の変わり目で、喉の調子が良くない時やストレスで喉に違和感がある時におすすめの香りです。

香りを吸引!

マグカップ

マグカップに暑いお湯を入れて、サイプレスの精油を1~3滴落とす。蒸気で広がる香りを鼻から吸い込みましょう!

ハンカチ

外出時は、ティッシュペーパーやハンカチにサイプレスの精油を2滴ほどたらして、持ち歩きましょう!いつでも香りを楽しめます。

④スキンケアに

ニキビや吹き出物ができるなど、肌が脂っぽい時や、頭皮からフケが出る時のケアに。

脂っぽい肌の化粧水!

材料:

  • サイプレスの精油 1~3滴
  • グリセリン 5ml
  • 精製水 95ml

作り方:

  1. ビーカーにグリセリンを入れ、精油を落とす。
  2. ガラス棒でよくかき混ぜる。
  3. ガラス製の保存容器に移し、精製水を入れ、よく振って混ぜる。

洗顔後のキレイなお肌につけましょう!

頭皮のケアには!

フケが気になる時は、シャンプーにサイプレスの精油を1滴落として、洗いましょう。

その場合、シャンプーする前に、シャワーで髪を濡らして頭皮をマッサージするように汚れをとってから洗うと効果的ですよ!

⑤デオドラントに

汗の臭いが気になる時や、靴を脱いだ後の足の臭いが気になる時のデオドラントに活用しましょう!

デオドラントスプレー!

材料:

  • サイプレスの精油 10滴
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml

作り方:

  1. ビーカーに無水エタノールを入れ、サイプレスの精油を落とす。
  2. ガラス棒で混ぜて、精油をなじませ、スプレーボトルに移す。
  3. 精製水を入れ、よく振って出来上がり!

スッキリしたい足にはフットバス!

フットバス

足の臭いが気になる時は、洗面器かバケツに少し熱めのお湯をはり、サイプレスの精油を2滴ほど落としてフットバスにつかりましょう。デオドラント効果はもちろん、足からじんわりと温まり、体全体が軽くなります!

ふわちゃん
サイプレスって、あんまり馴染みが無かったけど、いろんな効能があるね!
ミコ
この機会にサイプレスについてもう少し知ってみよう!
スポンサーリンク

サイプレスはどんな植物?

サイプレス

サイプレスは地中海沿岸が原産の植物。

主な産地は、スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、モロッコ、インド。

ヒノキ科で、枝葉と果実から水蒸気蒸留法で精油(エッセンシャルオイル)が作られます。

和名は”イトスギ”。針葉樹で幹が高く伸び、円錐形の樹木で、農作物を守る防風林です。

ハーブ君
サイプレスにはこんなエピソードがあるよ。
  • サイプレスの学名(cupressus sempervirens)は、”永遠に生きる”という意味で、その名の通り腐りにくいので、建材として利用されています。キリストの十字架もサイプレスで作られたと言われています。
  • 地中海に浮かぶ”キプロス島”の名前は、サイプレスの木への崇拝からつけられたと言われています。
  • 古代エジプトでは、王の棺や宮殿の柱、祈祷用の香料の原料に使われ、バビロニアや古代ローマでも祈祷の薫香にも使われ、邪気を払う植物として扱われてきました。
  • 南仏でも寺院や庭園、墓地などで見られるなど、ヨーロッパでは”天高く上る聖木”として昔から墓地の周りによく植えられています。
ミコ
深い森の香りのサイプレスと相性の良い精油を紹介するね!

サイプレスと相性の良い精油

ジュニパーやヒノキに似た香りで、ウッディーなスッキリした香りです。

他の精油とブレンドして、香りの変化を楽しみましょう♪

柑橘系・・・スイートオレンジグレープフルーツ、レモン、ベルガモット

フローラル系・・・ラベンダー

ハーブ系・・・ローズマリークラリセージジュニパー

樹脂系・・・ベンゾイン

オリエンタル系・・・サンダルウッド

ハーブ君
サイプレスの注意点をみておこう!

サイプレスの注意点

  • 妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。
  • 乳腺炎、乳がんの人は使用を控えましょう。(もし使いたい時は、お医者さんに相談してください!)
  • 皮膚刺激があるので、敏感肌の人は使用量を少なくして、肌の様子を見ながら使いましょう!
  • パッチテストをしてから使いましょう。
パッチテストは、精油をコットンに2滴ほどたらして、腕の内側にコットンをつける。しばらくして赤くならなければオッケー👌

おわりに

サイプレスをご紹介しました。

サイプレスの香りをかぐと、森の中に迷いこんだような気分になります。気分を落ち着けてじっくりと考えたい時にピッタリの香りだと思います。

他の精油との相性もよいので、気分に合わせていろんな香りを楽しみたいです♪

スポンサーリンク
サイプレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください