アロマで制汗!デオドラントスプレーの作り方!

暑い季節にはたくさん汗をかくので、汗の臭いが気になりますよね。
 
汗をたくさんかいても、汗そのものに臭いはないですが、、、汗をかいてそのままにしておくと、無臭だった汗の臭いに変化します。
 
お肌にとって、汗や皮脂は皮膚を保護する膜ですが、汗をかいて皮脂をそのままにしておくと、老廃物や汚れなどが混ざって雑菌が繁殖します。これが臭いの原因です。
 
汗が臭わないようにするには、この”雑菌の繁殖”を抑えなければいけません!
 
そのためには、、、
  • 体をよく洗って清潔に保つこと。
  • 制汗・消臭効果のある成分を利用すること。
 
汗をかく季節でも快適に過ごすために、アロマオイルを活用しましょう!
スポンサーリンク

デオドラント効果のある精油

 

アロマオイル(精油)には、デオドラント効果があるものが多いです!
中でもデオドラント効果のある精油は、

  • ラベンダー
  • タイムリナロール
  • オレンジスイート
  • ユーカリグロブルス
  • ペパーミント
  • ローズマリー
    など。
 

汗を抑える働きのある精油は、

  • クラリセージ
  • サイプレス
 
では早速、デオドラント効果のある精油を使って、デオドラントスプレーとパウダーを作ってみましょう♪
スポンサーリンク

デオドラントスプレーの作り方

 
スプレー
 
汗をかいても、シュッとスプレーで爽やかに✨外出前や汗をかいた時の、”デオドラントスプレー”の作り方です。
 

材料:

  • ラベンダーの精油 3滴
  • ユーカリグロブルスの精油 2滴
  • 無水エタノール 5ml(小さじ1)
  • セージのフローラルウォーター 40ml(又は精製水でもよい)
 

作り方:

エタノールアロマオイル
  1. スプレー付きのボトルに、無水エタノールを入れる。
  2. ラベンダー、ユーカリグロブルスの精油を静かに垂らして、ボトルをゆする。
  3. フローラルウォーター(又は精製水)を加えて、よく振る。出来上がり!!
 
スプレー
 
☆冷蔵庫で保存して、2〜3日で使い切る。
 

使い方:

脇の下など、汗をよくかくところにスプレーする。
スポンサーリンク

タルカムパウダー

 
入浴後や、汗をかいた時におすすめのパウダーです。汗を抑えて、サラサラの肌をキープ!
パウダー 

材料:

  • タイムリナロールの精油 2滴(又はサイプレスの精油)
  • ラベンダーの精油 3滴
  • タルク 大さじ3(又はコーンスターチ)

 

※タルクとは?
肌のべたつきがなくなりサラサラする、パウダーコスメの材料。
 
 

作り方:

  1. 密閉できるビニール袋にタルクを入れ、タイムリナロールとラベンダーの精油を静かにたらす。
  2. 袋に少し空気を入れて封をし、よく振って混ぜる。
  3. タルク容器に移してさらに振り混ぜる。
 

使い方:

  • 全身や体臭が気になるところにふりかけて、手でなじませる。
  • パウダー用のパフを使うと便利です!
  • 入浴後の使用が効果的。
  • 外出前には、足の裏につけると、臭わない&足がサラサラ!
 

まとめ

 
体臭の原因は、汗や皮脂の汚れだけではありません。
 
体調が良くない時や、肉などの動物性タンパク質やニンニクやネギなど臭いの強い食べ物の取りすぎも体臭の原因になります。食生活の見直し(肉料理中心の食事を避けて腸内環境整えるなど)も大切です。
 
その上で、アロマの香りで爽やかに快適に過ごしませんか?
 
スポンサーリンク
スプレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください