ペパーミントの効能は?アロマの中でも旅行に携帯したい精油はコレ!

ふわちゃん
さわやかな香りだねー!
ミコ
これは、ペパーミントだよ!

こんにちは。スーッとさわやかなミントの香りが大好きな管理人のミコ(@micoaroma)です。

ミントにはいくつか種類がありますが、アロマテラピーで使われるのは、ペパーミントスペアミントです。

ガムや歯磨き粉でおなじみのスーッとしたさわやかさは、リフレッシュする香りの代表で、アロマテラピーでも人気の香りです。

でもその効能はリフレッシュだけではないんです。

管理人も、ペパーミントの効能を知ってから、旅行に行くのが楽しくなりました!

ということで、今回は”リフレッシュだけじゃない”さわやかなペパーミントの効能をご紹介します!

スポンサーリンク

ペパーミントの5つの効能とは?

さわやかなペパーミントには、こんな効能があります。

  1. 気持ちを切り替える
  2. 乗り物酔いをやわらげる
  3. 痛みをやわらげる
  4. かゆみを抑える
  5. 殺菌・抗菌作用がある

では、一つずつみていきましょう!

①気持ちを切り替える

リフレッシュ

仕事や勉強に集中したい時などに、気持ちを切り替えることができます。

例えば、昼休憩後、仕事に戻る時など、休みモードから仕事モードに切り替える時におすすめです。

また、何かに腹が立って感情が高ぶったり興奮している時に、気持ちをクールダウンさせるのにも役立ちます。

冷静に落ち着いて話し合いをしたい時には、ハンカチにペパーミントの精油を数滴落としておくといいですね!

そんな時におすすめのペパーミントはこちら↓↓↓

②乗り物酔いをやわらげる

ドライブ

スーッとしたペパーミントの香りは、乗り物酔いを防いでくれます。

車、バス、船などの乗り物酔いが不安な時は、乗る前にゆっくりと呼吸を整えて、ペパーミントの香りを吸い込んでおくといいです。

私はけっこうバスや車酔いをするので長距離移動は苦手なんですが、ペパーミントの精油でずいぶん助けられました!

出発前にペパーミントの香りをかいでから乗り物に乗ると、車内で酔うことなく過ごせるようになりましたし、うっかり忘れてしまっても精油を携帯しておけば、気づいた時に香りをかげば大丈夫です!

ドライブインなどで外の空気を吸いながらペパーミントの香りをかぐと、気持ちがまぎれて楽に過ごすことができますよ!

スポンサーリンク

③痛みをやわらげる

ペパーミントには、鎮痛作用があり痛みをやわらげます。

特に、頭痛に効果的です!

頭痛がする時は、こめかみや首の付け根にペパーミントクリームを付けるとやわらぎます。

痛くなってからでも、スーッとしたペパーミントの香りと刺激で痛みがまぎれるので、頭痛が起こりやすい時はクリームを作っておくと重宝しますよ!

ペパーミントクリームの作り方!

材料:

  • ペパーミントの精油 2~3滴
  • ミツロウ 2g
  • スイートアーモンドオイル 10ml

☆鎮静効果のあるラベンダーの精油とのブレンドもおすすめです。その場合、ペパーミントの精油1滴+ラベンダーの精油2滴の割合で!

作り方:

  1. 耐熱容器にミツロウとスイートアーモンドオイルを入れる。
  2. 湯煎にかけて、ミツロウを溶かす。
  3. 溶けたら湯煎から外して、粗熱をとる。
  4. ペパーミントの精油をたらして、よく混ぜる。
  5. 保存容器に移す。

クリーム作りには、こちらが必要↓↓↓

④かゆみを抑える

ペパーミントには、抗痒(こうよう)作用があり、虫さされや皮膚のかゆみ止めになります。

また、ニキビや吹き出物、日焼けの炎症もおさえてくれます。

これも先ほど紹介したペパーミントクリームをぬると、よいですよ。いざって時に役立つので、いつも携帯しておくと便利です!

⑤殺菌・抗菌作用がある

リフレッシュ

ペパーミントには、殺菌・抗菌作用があります。

ペパーミントの精油は、皮膚につくと「冷たい」感覚があり、しかも香りがクールなので、汗をかいた後の抗菌&デオドラントにピッタリです。

ボディースプレーとして携帯すると、外出先でも肌を清潔にできます。

体感温度も下がるので、暑い夏の汗対策におすすめです!

ペパーミントースプレーを作ってみましょう!

材料:

  • ペパーミントの精油 10滴
  • 無水エタノール 10ml
  • 精製水 90ml

作り方:

  1. ビーカーに無水エタノールを入れ、ペパーミントの精油をたらして混ぜる。
  2. スプレー容器に移し、精製水を入れ、よく振って混ぜる。

☆冷蔵庫で保管して、10日くらいで使いきりましょう!

精製水と無水エタノールはドラッグストアで販売されています。こんな感じです↓↓↓

無水エタノールは100mlの小さなサイズのものからありますが、500mlサイズが断然お得です。

ハーブ君
1996年にO-157が流行した時、ペパーミントの殺菌効果が話題になってまな板の消毒に使われたんだよー。注意点もみておこう!
スポンサーリンク

ペパーミントの使用上の注意

ペパーミントの精油はお役立ちの精油ですが、いくつか注意点があります。

  • ペパーミントの香りは揮発しやすいので、精油の瓶を開けたら早めに使いきりましょう。
  • 皮膚刺激が強いので、少なめの量から使いましょう。
  • 妊娠中や授乳中は使用を控えましょう。
  • 赤ちゃん、幼児の使用は控えましょう。
  • 肌の弱い人は、パッチテストをしてから使ってください。
☆パッチテストは、精油をコットンに2滴ほどたらして、腕の内側にコットンをつける。しばらくして赤くならなければオッケー👌

ふわちゃん
他の精油とブレンドするなら、何がおすすめ?

ミコ
ペパーミントと相性の良い精油を紹介するね!

ペパーミントと相性の良い精油!

ペパーミントは、刺激の強い香りなので、ブレンドするときは、ペパーミントの量を少なめにするといいですよ。

☆ブルーの文字はリンクになっています。クリックで各精油の記事が読めます!

ペパーミントはこんな植物!

ペパーミント

ペパーミントは、ヨーロッパ原産の多年草の植物で、学名は”Mentha piperita”(メンタ ピペリタ)。

同じMentha(メンタ)属には、ペパーミントの他にスペアミントハッカがあります。

ミントは変異がおこりやすいので種類が豊富です。

ペパーミントは、ウォーターミントとスペアミントの交配種です。

シソ科の植物で、精油は葉の部分から水蒸気蒸留法で抽出されます。

主な産地は、インド、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、アメリカ、ブラジルオーストラリア、中国など。

ペパーミント(peppermint)の学名”piperita”は、「コショウのような」という意味。コショウのように刺激的な香りなので、”ペパーミント”と名付けられました。

香りはとてもさわやかで、タバコ、お菓子、薬品の香料として使われています。

ミコ
ペパーミントというと、ハーブティーが人気だね!

ペパーミントの仲間については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

スペアミントの効能!リフレッシュだけじゃない活用法もご紹介!

2018.09.14

ハッカの効果!ジャパニーズミントと言われる和ハッカをご紹介!

2018.09.12

おわりに

ペパーミントの効能をご紹介しました。とてもなじみがあり、抵抗なく使える香りです。

さわやかでリフレッシュする香りのイメージでしたが、それ以外にもいろんな効能がありますね。

私は、乗り物酔いが悩みだったので、旅行の時には必ずペパーミントを携帯するようになりました。頭痛や虫除けなどにも効果があるので、お役立ちの精油に出会えて嬉しいです!

管理人おすすめのペパーミント↓↓↓

小さな瓶なので、携帯しても邪魔にならないのも嬉しいです!

旅行に携帯するといいですね♪

スポンサーリンク
ペパーミント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください